アジア就職・アジア転職ならアジアダイレクト / 直接応募・採用の求人情報サイト

求人掲載はこちら

自分にもアジア海外就職(セカ就)は可能?

▼どのくらいの人数が海外にいるの?

海外就職、海外転職、海外移住といろいろな言われ方がありますが、実際に海外で働くことは可能なのでしょうか?


まずは海外の中でアジア諸国に住んでいる日本人の人数を見てみましょう。
■アジア各国に在留日本人の人口一覧(2011年)
中国     140,931人
タイ     49,983人
大韓民国    30,382人
シンガポール    26,032人
フィリピン    17,702人
インドネシア    12,469人
マレーシア    10,401人
ベトナム    9,313人
インド     5,554人
カンボジア    1,201人
パキスタン    908人
スリランカ    882人
ネパール    840人
バングラデシュ    667人
ラオス     554人
ミャンマー    543人
意外と多くの日本人が住んでいることがわかりましたでしょうか?


実際に現地で働いてみると、
・同じ大学の会
・同じ出身地の県人会
・同年代の会
などたくさんのコミュニティがあることがわかります。


また、どの国にも日本人会というコミュニティは大きく発展していますし、仕事で言えばどの国にも日本人商工会という会合もあります。


私もカンボジアのプノンペンという都市に住んで働いていましたが、北海道民会や86会(1986年生まれ)の会などに参加していました。また、カンボジア在住の平成会という平成生まれの会だけで20〜30名も集まっていたことには驚きました。


▼海外で働くのは特別な人だけ?

特別な人だけではありません。就労ビザの取得条件が国によって違いますが、自分に合った条件で働ける国を選べば、海外で働くことは可能です。

シンガポールなどはビザが厳しいと言われますが、実際に約3万人も住んでいます。逆にカンボジアなどの国であれば、学歴・年齢問わずどんな方でも就労ビザを取得することが可能です。


何歳くらいの方が多いの?という質問もよく頂きますが、年齢も実は様々です。新卒に近い経歴で海外に飛び込む方もいれば、1社目の退職を機に海外に来た方、さらなる挑戦やスキルアップを目指して海外に行くビジネスマンの方、旅行を機にどうしてもその国が好きで飛び込んできた方、彼氏・彼女や旦那さん・奥さんなどのパートナーに合わせて海外に来た方、50〜60代で数多くの仕事を経験された後に海外で貢献したいと考えられる方など、年齢も動機も本当に様々です。


▼まとめ

・海外で働く日本人は意外と多い。コミュニティもたくさん。
・海外で働くことは特別なことではない。年齢も動機も様々。

ということをご理解頂ければ幸いです。

アジアでのお仕事を探す際には、
ぜひ直接応募ができて海外就職支援金ももらえる
“アジアダイレクト”でお仕事を探してみてください。


あなたのアジアへの一歩を応援しております。
「アジアで働く、を選択肢に」できるよう頑張ってまいります。
これからも宜しくお願い致します。


アジアダイレクト運営事務局より

お祝い金を申請する!

注目の企業

  • アジアダイレクト事務局

    【3ポジション募集!!】 ①フィールドエンジニア ②渉外担当       ③営業メンバー

最近チェックした求人

  • インドネシアでの人材紹介コンサルタント

    海外で「人」に関わる仕事をしませんか?

  • タイでコンタクトセンターSV募集!!

    海外でSVとしてのキャリアを磨きませんか?

  • タイ・バンコクでの法人営業求人!!

    タイの保険業界で一緒に事業を拡大していきませんか??

  • インドネシアでの営業職募集!!【ドライバー付き社用車支給/未経験者OK/高給与】

    ジャカルタで営業として活躍してみませんか?

  • 【若手歓迎】金属加工メーカーでの営業(幹部候補生)

    タイ拠点の幹部候補生を募集します!